Treasure Hunting 歩いてさがすこと

エピエリのお店の前に一台の自家用車が止まったと思ったら、バックドアが開いて出て来たのは野菜!

車から顔を出したのは、エピエリのオーナー。両手には、三浦半島で仕入れてお魚をどっさり。どうやら今日の仕入れは野菜だけではなかった模様!

 キッチンからも料理人がやってきて、今日の収穫を物色。

キッチンからも料理人がやってきて、今日の収穫を物色。

「いいカブですね。」

IMG_1970.jpg

「今日はいつもより少なくて。春野菜が沢山出回るまであと一週間くらいかな」

IMG_1960.JPG

ランチタイムの麹町。道行く人々が、山盛りの野菜をチラリ。「何事??」

「麹町カフェの分、いただきます!」

さあ、運ぼう!

 

よい食材を求め、オーナー・松浦が三浦半島から東京まで、日々仕入れに走り回るのがエピエリスタイル。

食材は生きもの。明日は何が一番おいしいかなんて、その日その時その季節次第。それはレストランを営む側にとって決して都合の良いことではないですが、代わりに沢山の発見と出会いがあります。車で通り過ぎた農家の庭先に美味しそうなレモンの木が!門を叩いて「あのレモン、もらえますか?」なんてことも珍しくないこと。

その日出会ったものにインスピレーションをもらうこと。その日出会ったものを愉しむこと。それは、料理においてだけでなく、生き方においても大切なことではないでしょうか。

 

 

さあ、明日も早朝から東西南北駆け回りますよ!

epi etriz