A Day at the Cafeteria Part 3 ある社員食堂の舞台裏 ③

「ありがとうございます、ゴーヤ200円になります!」

あれ、ここは八百屋さんのレジ?

いえいえ、社員食堂です。

 

第1金曜日の午後4時、穫れたて野菜と新鮮食材のマルシェがスタートです。

明日は土曜日。「週末ちょっと料理をしてみようかな」「明日はゆっくり過ごしたいから買い物すませておこう」「そういえば、朝のスムージーの野菜もう無かったっけ」「せっかくだし久しぶりに野菜でもかってみようかな・・」「これ買って帰宅したら、奥さん喜ぶかな?」

どんな理由でもいいのです。

この社員食堂から、「食」にまつわる楽しみを少しでも持ち帰ってもらえたら、それはもう大成功。

 

働く社員の皆さんと、キッチンカウンターを越えてのコミュニケーションがとれるのもマルシェの醍醐味。美味しい食べ方について知りたいときは、食のエキスパートの私達にどうぞ遠慮なくお尋ねを!

マルシェの混雑が落ち着いてきたと思ったら・・、次は今日のクライマックス「ビアバースト」のスタートです。

手作りのおつまみも用意完了。社員のみなさん、一週間おつかれさまでした!家路に着く前に、仲間と一杯していきませんか?

今週も仕事を終え、いつもより少し柔らかな表情のみなさんを見て、エピエリのスタッフは元気をもらいます。

「来週はどんなメニューを用意したら、また元気に楽しく仕事してもらえるだろう?」

そんな事を考えながら、あちらこちらから聞こえる「乾杯!」の様子を眺めるのです。

「おつかれさま!また来週!」

灯りが消え、社員食堂もそろそろ週末にはいります。

 

とある社員食堂の1日は、こんな風に過ぎてゆきます。

さて、来週はどんなおいしい仕事をしましょうか。

epi etriz