When It Blooms 蕾がひらく頃

心に描いたのは、ロードトリップの途中に出会う道路脇のダイナーのような場所。

朝があって、昼が来て、夜がある場所。

訪れると、心にやさしい灯りがともる場所。

メニューを開けば子供のようにワクワクできる場所。

「そう、これこれ、こういうものが食べたかったの」と、何でもない懐かしさに仲間と楽しく盛り上がれる場所。

そんなことを、考えて考えて、

「最高のブランチとディナーを食べられる場所」という夢を膨らませ、

IMG_7604.JPG

大きく膨らんだ桜の蕾がひらくころ、ちょうど、やっと、その夢も蕾をひらくのです。

epi etriz