SUKE6 愛のものがたり:後編

花川戸1丁目1の1、SUKE6 DINER。

なんとも縁起のよいこの場所が、今日の物語の舞台。

歌舞伎の中でも、最も華やかで美しいとされる「助六由縁江戸桜」の三浦揚巻の衣装。今日の花嫁さんも、美しい花々を身に纏ったようなドレスで、ここ花川戸を引き立てます。

SUKE6 DINERも、さあここからが一番の見せ所!

「ここで永遠の愛を誓うカップルには、とびきりおいしい未来が待っている」・・巷で耳にするそんなSUKE6 DINERのジンクスは、どうやら本当のよう!

 

本当にだれかを愛することは、お料理ととても似ていて。

 
 
 
 

ただ、相手に幸せになって欲しくて、一生懸命おいしくつくる。「おいしい」そういって食べる幸せそうな笑顔が見れたら、もうそれだけでいい。

 
 
 
 

舞台のクライマックス、ウェディングケーキのファーストバイトはお料理上手の花嫁さんからレードルで。

「どうぞ末長くお幸せに!」

 
 

主役のみなさんに、ゲストのみなさんに、今日はみんなにスポットライトを。幸せ色の灯りを。

当分降りそうにない、今日の舞台の幕。幸せのアンコールの余韻はどこまでもー。

Happy Wedding.

 
 
 
epi etriz